嘔吐ロックな日々

東京都内で活動するロックバンド、ド真ん中ズンのボーカル、ここにいるよ杉浦がやるせないダメダメな日々を嘔吐する新しい形のブログです。 好きな音楽は、ブルーハーツ、ハイロウズ、クロマニヨンズ、Theピーズ、真心ブラザーズ、たま、水中、それは苦しい、グループ魂、エレファントカシマシ、忌野清志郎など。 好きな作家は、太宰治、夏目漱石、灰谷健次郎、町田康など。 趣味はバンド、読書、散歩。

2012年04月

地球コーラ4月15日新宿JAMワンマンを見て

2012年4月15日新宿JAM地球コーラワンマンが終わった。

初めて彼らを見たのは、たしか一昨年の9月頃。
僕がサポートでベースを弾いていたバンドでのライブにたまたま地球コーラが出演していた。

その日の僕のバンドの出演順は、たしか10バンドくらい出るうちの1番目で、僕は最後まで知らない人の演奏を見ているのが嫌だったので、自分達の出演が終わったらすぐに帰ってしまおうと思っていた。

そんな時に、僕の怠惰をぶち壊してくれたのが地球コーラだった。

楽屋でヒマしていると、まずパンダの帽子をかぶった挙動不審の男が現れた。
無論、沖くんである。
その後に善次郎くん、サポートベースのアジャーニくんが楽屋に入ってきた。

地球コーラは楽屋に入ってくるなり、僕のすぐ近くに座り、
当時の僕にとっては、あまりに衝撃的なほど面白い話を始めた。
内容は覚えていないけれど、とにかく面白かった。

「この人たち全員、アタマおかしい!」

というのが、僕の率直な第一印象だった。

いつしか僕は自分のバンドメンバーと話すより、彼らの話に聞き耳を立てることに夢中になっていた。
すると、突然パンダの帽子をかぶった沖くんがマジックを握りしめ、
「この壁に地球コーラって書いたらやべーかな?」と言った。

バンド名を聞いて、そのセンスに僕はシビれた。
そして楽屋を出る時、沖くんのカバンの中にクロマニヨンズのシャツが入っているのを確認し、
僕はいろいろなことを確信した。



楽屋を出て、バンドメンバーに僕は伝えた。






「俺、地球コーラってバンドを見たら帰ります」







その時のライブだよ!

その2


地球コーラに出会って、
単純に僕の人生は変わった。
本当にいい仲間っていうのが、この世に存在するんだなと思った。


今や地球コーラは僕の中でとっても偉大なバンドになった。

沖くんは歌がうまくなったし、みんな物凄いレベルが上がった。

だけどあの時見た地球コーラの、物凄く荒削りで、未完成のいびつなカタチで、おしっこの臭いが鼻をつくようなライブがもう見れないと思うとサビシイ気持ちになることもある。

だけど地球コーラを見てると純粋に僕もがんばらなきゃと思うのだ。
地球コーラはとても熱くて、とても素直で、とても刺激的なバンドだと思う。



5月8日新宿マーブル

Marble 8th ANNIVERSARY 3マン企画「あったか~いロックンロ~ル」
開場/開演:18:30/19:00 前売り/当日:2000/2500(D別\500)
出演、THE劇珍ららズ/ユタ州/地球コーラ(順不同)


この日を境に、ドラムの青山くんが脱退し、
地球コーラは新ドラムが見つかるまで休養に入る。

黒く透き通った地球コーラの叫びは、
重力を超えて、勢いよくあふれだし、
僕らを地球の外へと運んでくれるだろう。

facebookにえぐれる僕の胸

facebookを見ると、みんな大人になってるのに、自分だけ取り残されているように思う。
―最近の僕は人のことばかりが気になるんです。それはしあわせでないことの証拠です。

だから僕は今日は真面目なことを言おうと思う。
大人としての責任感とか仕事の面白さ大変さとか、若かった頃とは違う自分への誇らしさとか、僕はそうゆうことを立派に語れる人を見ると大人だなあと思うんですな。

では始めます。
まず僕は1年間社会人として働いたわけです。
まずこれ大事。すごく僕エライ。
みんなは僕が働けると思ったかい?
俺はやってやった。1年間働いた。すごすぎる。泣けてくる。

でもまわりの人に言わせれば、俺はあまり働いてないらしい。
僕はすごく真面目に仕事には取り組んでいるつもり。
なぜなら人の倍以上真面目にやらなければ僕にはできることなど何もないことを知っているから。

でも周りの人にいわせれば、仕事は真面目にやるだけじゃだめなんだってね。
本気でやらなきゃいかんのだとさ。
でもたしかに本気でやらなきゃ何事も好きにならないなあと思った。
本気でできるようがんばります。

というか僕はもともと本気で何事もやらない人間だ。
だからほんとにすみません。がんばります。

こんな感じの日記はちっとも大人じゃないですね。
ただのがきんちょです。

以下大人。

この一年間で僕は本当にスキルアップすることができた。
世の中は本当に広い。まだまだ僕の知らない世界はたくさんあるんだな。
僕は仕事を通じて一生懸命社会に貢献してよりよい社会を創りたい。
来週は憧れの先輩と仲良しの同期で飲み会だ!
オールのカラオケ楽しみだなあ!!
みんなでファンモン歌いたい気分!!

以上、大人でした。
以下、がきんちょ。

どうしても大人になれない。
いやこれはやばい。
23歳っていったら、うちの両親はもう結婚してた。
俺はなんかダラダラしてる。
仕事はしてるが人生はサボってる。
なんも進んでない。

だけど、今!グッド・バイという涙の新曲のデモテープ作り中!
自分に、誰かに、君に、世界に、時間に、未来に、グッド・バイしよう!!!!

「サヨナラ夕陽を追いこして」アップ

冴えないジャパニーズの糞底辺の皆様こんにちは。

私こそ暗黒世界の大底辺、人呼んでここにいるよ杉浦です。

今日私が言いたいことは「どうなってるの?この島は」ということです。

どうなってるの?この島は。一億総底辺時代突入ですか。
河原の石とか想像すると、底辺ってジメジメしてるよね。そんで石の下に訳わからん虫とかいっぱいいるよね。
ダンゴムシとかヤスデとかシデムシとかハサミムシとか、みんな底辺があるから生きていけるんだよね。

底辺っていいなーー!!

という訳でド真ん中ズンの新曲「サヨナラ夕陽を追いこして」がMySpaceにアップされました! クリック!
聴いてください。もう疲れきった歌です。僕も疲れました。

最後に謎かけをひとつ。

夕陽とかけまして、
GHQ最高司令官と解きます。

その心は、
どちらもマッカーサー(真っ赤さー)!!!

ぐっない!!

「どうなってるの?この島は」について

えー、こんばんは。
皆さん元気でしょうか。
僕は元気です。

えー、今回皆さんに話したいのは「どうなってるの?この島は。」ということです。なに、非常に簡単な話であります。

「一度会ったら友達で、毎日会ったら兄弟だ」というのは、周知の事実で疑いようも無き真実ではございますが、「どうなってるの?この島は。」という質問には、一体誰が回答しうるでしょう。

いや、本当にどうなってるのだろう。この島は。なにかおかしい。たしかに狂ってる。みんなそれに気づいてる。だけれども何も無いように我々は生活しているわけです。

「どうなってるの?この島は。」こんなこと、真顔で言ったら狂人扱いされるでしょ。みんな不審がりながら、その実、腑に落ちたよな顔してるんです。
「どうなってるの?この島は。」なんて思っても、口に出したら最後。あっという間に世間様からは社会不適合者という烙印を押されますよ。我々は黙るしかないのです。
感じない人間になるのが幸せになる秘訣ですよ。我々が感じても仕様のないことなのです。

また今日が終わります。一体どうなってるのでしょうこの島は。そして、一体どうなっていくのでしょうこの島は。
つづきはまた今度。

ついに狂い咲きました。

あー!世界がゲロ吐くほど面白いことしてーなー!!

地球はぐるぐる無限に広がる無重力空間を回ってるのに、なんだか僕の毎日は狭い枠の中で毎日じっとお留守番してる気分だよ。

僕の帰りを待ちながら、僕はまっ平らなテレビ画面にかじりついているよ。

こんなんでいいのかーー!
いいわけがーねー!
くそったれー!

地球はなーんも悩んでないのにぐるぐる宇宙遊泳しているよ!
人間としての僕はどーでもいいこと悩んでるふりして、

実 は た だ 暇 な だ け だ ろ !

違うんかー!
くそったれー!
おしっこで虹をかけてやるよ!
この透き通った灰色の空に!
喜べ!俺のエナジードリンクで虹をかけてやるよ!

わっはっは!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter プロフィール
ド真ん中ズンというバンドのボーカル。ここにいるよ杉浦という名前でソロもやってます。クロマニヨンズ、ピーズ、たま、太宰治、甲本ヒロト。ブログhttp://t.co/4PtLSk27Ck
記事検索
ギャラリー
  • 最終回です。
  • 最終回です。
  • 最終回です。
  • 昨日ね。もう今日でこのブログやめようと思ったんすよ。
  • 昨日ね。もう今日でこのブログやめようと思ったんすよ。
  • 昨日ね。もう今日でこのブログやめようと思ったんすよ。
  • 誰かのことを傷つけたいわけじゃないよ、むしろ愛しているよ。だけどうまくいかないんだよ。
  • 誰かのことを傷つけたいわけじゃないよ、むしろ愛しているよ。だけどうまくいかないんだよ。
  • 誰かのことを傷つけたいわけじゃないよ、むしろ愛しているよ。だけどうまくいかないんだよ。
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ